サッカーとコーチとブログ

サッカー経験:15年 指導経験:17年目 小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わった、「コーチとは」 「教えることの難しさと楽しさ」 「小学生年代のこども」 「保護者のかかわり方とは」など 「サッカーのすばらしさ」を独自の視点で想いのまま発信します。

教育系

リフティングのコツ【教科書はこの動画だけ】

投稿日:

リフティングのコツ教えるよ!
リフティングって一人で練習できるサッカーの練習だね。
リフティングができてもサッカーがうまくなるとは結び付かない。しかし、正しいリフティングの練習でサッカーと結びつく大事なコツがある!

サッカー経験:15年
指導経験:17年目
初めまして。
小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わったことがぼ奥の財産。

リフティングのコツ

▼おしながき

  • 僕はリフティング否定派
  • ワンバウンドリフティング
  • リフティングができない理由
  • リフティングのコツ
  • 一番伝えたいこと
  • 教科書はこの動画だけ(この人を知ってるかい?)
  • さいごに

リフティング否定派

僕は、リフティング否定派だ。

否定といっても全体トレーニングの中ではやらない技術トレーニング。

なぜかというと、

ゲームの中で起こりえるシーンとして考えたときに、

浮いたボールを蹴り続けるシーンは少ない。

だったら、ボールが地面についた状態のトレーニングに時間を割きたい。

というのが理由。

しかし、「ボールフィーリング」という位置づけで考えたときに、

練習することは悪くない。

こども達に言うことは、

「試合でリフティングするシーンはないかもしれないけれど、

プロサッカー選手はみんなリフティングうまいよね。」

そう、サッカー選手ってリフティングがうまい。

(うまくない選手もいるが、落とさずできる)

この言葉を伝えこどもがどう感じるかはわからないが、

必ず投げかける言葉。

リフティングがうまいやつはサッカーもうまい⇒×

サッカーがうまいやつはリフティングもうまい⇒◎

こんなところ。

【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!

ワンバウンドリフティング

ワンバウンドリフティングとは?

落とさないリフティングよりもカンタンなリフティング

ける⇒おとして⇒ける⇒おとして⇒ける

という初心者向けのリフティング

いろいろ調べてみると、

この落としてから蹴るリフティングは意味がない!という人多いんだね。

でもよく調べると、

ボールが落ちて上にあがった瞬間にチョンと触ることを否定している人が多いね。

僕も賛成。

バウンドして跳ね上がる途中のボールを

すくいあげるようなリフティングは意味がない。

回数は続くかもしれないが、上達には結びつかない。

上達と結びつけるのであれば、

落ちてきたボールを蹴るという動作でしっかり当てることが重要。

※後にある動画でみればよくわかる

動画必見■FOOOTY(フーティ)レゴ/コーディネーショントレーニング/ボール/BALL/知育/想像力/リフティング/フリスビー/パズル/オランダ/テクニック/サッカー/ラグビー/ワミー

リフティングができない理由

  • 片足立ちができない(バランスや下半身の土台)
  • 良い場所に当て続けられない

大きく分けてこの2つが原因だ。

そもそも片足で立つことに慣れていなかったり不安定なので、

ボールを扱うことができない

そして、

足の甲(インステップ)にいつも当てられないことが原因だ。

だからこそ、

ワンバウンドリフティングで片足の立ち方と

余裕をもって次の正しい場所に当てる準備をする。

こう考えればワンバウンドリフティングが最適だ。

リフティングのコツは当て続けること・姿勢

よく聞かれるが、この2つしかないと思っている。

しっかり自分の上にボールが上がる良い場所(インステップ・足の甲)に

当て続けること。

昔誰もがやっていた、ボールをネットに入れて蹴りまくる。

この練習がいいね!

そして「姿勢」。

蹴るときのフォームが「次のキック」にとって不利なフォームで蹴っているため、続かない。

しっかり足を運んで上半身がブレブレにならないようするのがコツ。

これだけは伝えたい!

リフティングって回数じゃない。

これは前の記事でも書いたが、

※この記事:教育系「リフティングって回数じゃない」の話。(じゃあ?)

ノーバウンドリフティングでマグレでできた100回は「サッカー」につながらない。

ワンバウンドリフティングで確実に10回できたほうがサッカーにつながるということ。

数字はモチベーション。わかるわかる。

だけど、サッカーをうまくなるための練習と考えると、数字じゃないんだな。

これが僕が伝えたいこと。

教科書はこの動画だけ(この人を知ってるかい?)

※videobook様動画より

※リフティング王土屋健二様プロフィール

このリフティングはサッカーにむすびつく。

昔から動画を出しているリフティングの第一人者の方。

▼このリフティングの良いところ

  • さきにヒザを出して蹴ることで、サッカーで使うキック動作と似ている。
  • キックは上半身の連動(しなり)からパワーを生み、足先へ伝える。足はムチのように扱うのが、サッカーの基本。

このリフティングであれば「サッカーのキック」とむすびつくよね!

この動画のように、サッカーとむすびつけるためには、

リフティングの回数だけが伸びるような蹴り方ではダメということ。

膝がまがらなく股関節から蹴っているようなリフティングではキツい。。。

さいごに

このように、「サッカーをうまくなるためのリフティング」という正しい認識を持てれば、

「回数じゃないんだ!正しいリフティングを教えよう!」と

理解できる。

自チームの選手や自分の息子の上手な子のリフティング観てみて!

けっこうリフティングのためのリフティングの子って多いから。

【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!

-教育系

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ドリブルが下手な子はドリブルしかしない【2分36秒で理解!】

ドリブルで相手を抜き去りたいけど、思うようにいかない。 すぐボールを取られる。 自信がなくなった。。。 ドリブルが上手い子には「ある特徴が」あって。 ドリブルが下手な子にも「ある特徴が」ある。 サッカ …

【サッカー】親の関わりかたの話。【6か条】

<話のながれ>1 ●親の関わり方6か条2 ●こんな親いない?3 その①「いつだって味方でいろ。」4 その②「ただただ見守れ。」5 その③「放っておけ」6 その④「過程を認めろ」7 その⑤「サッカーをや …

サッカー足が速い選手に伝えたい3つのコト【つぶれるよ】動画あり

あんたつぶれるよ。。。 僕。サッカー経験:15年指導経験:17年目初めまして。小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わったことが僕の財産。 足が速いということは、サッカーではとても大事な能 …

コーチ系・指導系・教育系「こどもに理解させる方法の話。」(これ爆発的)

●説明したあとに「なにがわかった?説明できる?」と聞いてあげること。 人は忘れる生きものだ。 「何回伝えてもわからないんだよな~」 「ウチの子は話を聞いてない!」 こどもがわるいんじゃない。 こんなコ …

【こどもに】もっと厳しくしてください!の話【マジ言ってる?】

<話のながれ>1 ●今日あったできごと2 ●もっと厳しくビシビシやってください!3 ●厳しい、きびしい、きびしい。。。4 ●厳しくってなに?(古臭い)5 ●自分の経験だけで語ってない?6 ●こどもは厳 …