サッカーとコーチとブログ

サッカー経験:15年 指導経験:17年目 小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わった、「コーチとは」 「教えることの難しさと楽しさ」 「小学生年代のこども」 「保護者のかかわり方とは」など 「サッカーのすばらしさ」を独自の視点で想いのまま発信します。

コーチ系

練習でふざける子の説明書【特効薬】

投稿日:

質モンキー
質モンキー

あーなんでいつもあの子はふざけるのか・・・

質モンキー
質モンキー

練習が壊れる。。。

質モンキー
質モンキー

何か良いクスリがないかな・・・

ふざける子のせいでトレーニングが壊れたり、周りに悪影響を及ぼしたりあるよね!

コーチ17年目の経験と
5,000人以上のこども達を教えてた経験から解決する!

●おふざけの対応4選

結論は、

  • 頑張っている子をほめる
  • 頑張っているシーンを見逃さずほめる
  • お手本をさせたり、質問して叱る
  • トレーニングさせないで一日をムダにさせる

それでは細かく説明する。

当サイト限定!最大45,000円キャッシュバック!【光マッハ】

●なぜふざける?

  • 関心を集めたい(コーチを独占したい)
  • 上手にできないことが恥ずかしく、ふざけてできないことにしたい
  • 友達がふざけていることにのまれる

この3つがトレーニング中に怒る「おふざけ」の根本。

まずなんでふざけているのかをコーチは冷静に分析すること。

「かまって!オレをみて!」という

「おふざけ」はちょっとしたメッセージの場合もあるし、

できないから、誤魔化してる場合も。

「友達がふざけていることに飲まれる」はチームの問題もあるかも。

悲しい記事:【こどもに】もっと厳しくしてください!の話【マジ言ってる?】

●チームに迷惑がかかってるのはアウト

友達がふざけていることに飲まれるということ。

これは、

チーム全体の中で「正義感・頑張る精神がある子」が半分を占めていれば、

伝染しない。

しかし、

チーム全体の中で「正義感・頑張る精神がある子」が半分いかなければ、

伝染する。

あ、じぶん、ういてる。。。

と気づくはず。

●頑張っている子をほめる

ふざけている子を、

注意し叱る、また注意し叱る(エンドレス・・・)

よりも、

頑張っているこをほめること。

かまってほしいというエサをばらまいているふざけている子に対し、

あえて、食いつかない。

自分の行いを反省する時がくる。

こどもは失敗と反省の繰り返しの中で学んでいく。

東京を表す新ドメイン「.tokyo」

●頑張っているシーンを見逃さずほめる

練習の全てをふざけているわけではないと思う。

ちょっとしたことでもいいので、

成功したことや、できたことを大きくほめたり、

注目してあげることに、

喜びを感じ、「正義感・頑張る精神がある子」の方へ

引っ張ってあげよう。

※気を付けるポイントは、おふざけしている子よりも大げさに褒めないこと

だって、ふざけず頑張っている子が一番だから。

これは不良が更生すると社会でグンと評価が上がる、間違っている考えといっしょ。マイナスから評価される分あたりまえのことでも「元不良」が評価が高くなる。ちがうでしょ!不良にならずに頑張っている子が一番だからね。

●お手本をさせたり、質問をして叱る。

ふざけている子に対し、お手本をさせたり質問をぶつけてみよう。

きっとできなかったり、答えられなかったりする。

その時に、

頑張っている子や話を聞いている子がお手本をやったり、答えられたら

一層ふざけていた子は疎外感を感じると思う。

間接的に「頑張ったり話を聞かない子は上手になれないんだよ!」という

メッセージを発せられる。

●トレーニングから追い出し、一日をムダにさせる

コーチがその日にむりやり解決したりするのが問題だと思う。

(実はコーチのエゴで解決したつもりが、根本の解決にはなっていない)

すぐに許してもらえる。と感じさせずに、

思い切って追い出してみる(荒治療)

一日のトレーニングをムダにさせる。

少々荒治療かもしれないが、

ふざける子にとってひどいペナルティと思うかもしれないが、

長いスパンでみれば、絶対に印象に残った苦い思い出となる。

●怒鳴ることで抑制するコーチは未熟

怒鳴れば誰だってコントロールできる。

しかし、

怒鳴って抑制すれば、怒鳴られないために行動するようになる。

これはオススメできない外発的動機付け、

もっとこどもの育成に合った、手法で「おふざけはよくない」ことを

認識させる良い内発的動機付けをしなければならない。

当サイト限定!最大45,000円キャッシュバック!【光マッハ】

人気爆発の記事:【サッカー】「厳しいコーチの話。」【マチガイです】

●まとめ

こどもはふざけたりしてしまうもの、

こういう時こそ、もっとコーチは楽しんで、

冷静に分析し、(なんでふざけてる?)

なんて言葉をかけたり行動したら、ガラッと変わるかな?

を勉強させてもらおう。

こども育成に関わるということは、サッカーだけではなく、

心の育成もできないとダメ。

東京を表す新ドメイン「.tokyo」

-コーチ系

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サッカーのポジションなんていらない【読終2分7秒】魔法の言葉あり!

質モンキー うちの子ポジションがわるい。 いつも団子サッカー・・・ ポジションを教えてほしい! こんな相談を保護者からよく受ける! サッカー経験:15年 指導経験:17年目 初めまして。 小学校年代を …

「とめるける」から教わらない日本の話。【もしかして】

ボールをとめられない・・・ パス(キック)がヘタ。。。 ドリブルだけじゃダメ? 最近になり。すごく思うことがある。 それは、 <話のながれ>1 低学年(4年生以下)全然ボールとめたり、蹴れない。。。2 …

【サッカー】走り込みメニューはムダ!【メニュー紹介】

いいね!から始まるいまドキの恋婚スタイル「マリッシュ」/R18 名前:非公表 サッカー経験:15年 指導経験:17年目 トレセン:5年間 (ブロックU10/U11/U12監督経験あり) B級ライセンス …

【サッカーコーチ】街クラブに就職した厳しい現状と楽しい現状【全暴露】

突然ですが・・・ こんな境遇で就活や転職を悩んでいませんか? 小学生からサッカーに打ち込んだ 中学時代や高校時代もサッカー選手になるべく努力をした 大学でも本気でプロを目指し奔走した しかし現実は厳し …

【サッカー】こどものヘディングの話。【キケン】

相手キーパーが高く蹴ったボールをヘディング・・・ コーチは「頭で返せ!!」というけど・・・ 脳震盪とか大丈夫??? <話のながれ>1 ●低学年のヘディングはキケン2 ●世界から見たヘディング3 ●しか …