サッカーとコーチとブログ

サッカー経験:15年 指導経験:17年目 小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わった、「コーチとは」 「教えることの難しさと楽しさ」 「小学生年代のこども」 「保護者のかかわり方とは」など 「サッカーのすばらしさ」を独自の視点で想いのまま発信します。

コーチ系 指導系

【キッズサッカー】コーチングで変えるなメニューで変えろ!【全ての現場で当てはまる】

投稿日:2021年1月10日 更新日:

この記事を開いてくれたということは

「共感」があるからだよね?

コーチの「言葉」だけで

こどもを変えようとしていない?

実は、

キッズ年代(4年生)にコーチングは効果なし。

そしてこれはサッカーだけに限らず

日々の生活の中でも大いに参考にできる記事。

名前:非公表

サッカー経験:15年

指導経験:17年目

トレセン:5年間

(ブロックU10/U11/U12監督経験あり)

B級ライセンス

キッズリーダーインストラクター

初級障がい者スポーツ指導員

サッカー・フットサル3級審判

初めまして。

小学校年代を中心に

5,000人以上のこども達から教わったことが僕の財産。

僕。
僕。


コーチングで変えるなメニューで変えろ!

こども達はコーチングでは変わらない。

コーチがいくら言葉で伝えても変わらない。

コーチが何回も繰り返しても変わらない。

そういう生き物なんです。

●メニューで変えろ!と思った経緯

「う~んうまくいかない・・」

「伝わってないなあ・・」

「楽しくないなあ・・」

僕の完全な経験談から。

これは僕がキッズ年代のこども達を扱ってきてしかも、

まったくの「初心者」のこども達と

「将来有望な選手」になるこども達の

2つのこども達から得た結論になる。

●メニューで変えろ!効果的な理由

キッズ年代(主に4年生以下)の

特徴👇

  • 体を動かしたい!
  • サッカーをプレーしたい!
  • 話を聞くよりも観て理解!
  • フリーズは怒られている?!

キッズ年代の子を扱うとわかるが、

だいたいこの4つの特徴を持っているもの。

とにかく頭で理解するよりも、

やってみせて理解するほうが

圧倒的に理解するし、

こども達のモチベーションを削ぐことなく

トレーニングができる。

フリーズは怒られている?!

共感してくれる方がいれば嬉しいが、

フリーズするとこどもはイヤがる。

※フリーズ⇒改善したいシーンで止めて、

直接その選手に

発問を繰り返しながら導く手法。

改善シーンを全員で共有することで、

改善ポイントを共有するコーチングの手法

フリーズってね、だいたいイヤがる。

実際に大人のコーチ研修でも、

フリーズされるとイヤがる。

なぜか?

自分が失敗して、

全員の時間を奪ってしまっているからだ。

全員が注目することにより、

単純に

「僕は今コーチに怒られている・・・」

だけが印象と残り、

僕の意見としてもあまり

キッズ年代にはフリーズは向いていないと感じる。

●じゃあどうすべきか?

フリーズして個人にだけ指摘をしないこと。

チーム全体の問題として聞かせるために、

「ミーティング」の手法をとろう。

※ミーティング⇒全体で集まり伝える。

全体に伝わりやすいがプレーは止まる。

プレーは止めってしまうため最終手段となるが。

全体で集まり改善ポイントを共有と打開策を全体で話し合う。

このようにフリーズで個人だけを指摘せずに行う手法も持ち合わせておくべきだ。

キッズ年代はメニューで変える!方法を選べ

いくらコーチが言葉で伝えても響かなかったり効果がないのは、

このキッズ年代の特徴がジャマしているからだ。

だからも僕は、

コーチングで変えるよりも、

メニューで変えることを推奨する。

僕がやっている具体的例

難しいことはない。

「最高のメニュー」を作成して、

最高のトレーニングをすること。

●最高のメニュー3つの要素

  1. 沢山プレーできる(稼働率高)
  2. 楽しい(サッカーから離れていない)
  3. ルールがカンタン(複雑なメニューじゃない)
  4. 勝ち負けがある(アラート・緊張感)

主にこの軸からブレなけらば最高のメニューとなる。

この4つの要素がマックスになった時。

「こども達がいきいきしたトレーニング」に変わる。

あとはそのメニューのPDCAサイクルを回して、

改善しレベルアップしていくのみ!

●コーチがともにプレーする

いつも腕組して観てるだけ?

コーチはサッカーできないの?

コーチは威張ってばかりで実はできない?

体力のあるうちは一緒にプレーしよう。

なぜか?

キッズ年代のこども達は

「百聞は一見に如かず。」

コーチが良いお手本となることで、

そのプレーを目に焼き付けてくれることでしょう。

コーチが魅せるのもコーチにとって大事な要素だ。

人気記事:【サッカー】ミニゴールおすすめはコレ!【使い続けている理由】

最新記事:【サッカー】アングルを変えるプレーは小学生でマスターしろ!【これできる?】

だからメニューで変えろ!

僕はこのメニューで変えるべきだと気づいてからは、

キッズ年代のこども達との信頼関係や、

コーチとしての「余裕」が生まれた。

コーチングだけで変えられるのは「大人」だけで、

成長年代のこども達にはやっぱり、

「メニューで変える」ことを僕は推奨する。

コーチングをうまくするためにやった3つのこと

  1. PDCAサイクルを回す(自己評価)
  2. アシスタントに聞く(他者評価)
  3. 外部から学ぶ(本・ネット)

●PDCAサイクルを回す(自己評価)

プラン(計画)

ドゥ(実行)

チェック(評価)

アクション(改善)

毎日メニューの作成だけではなく、

その後のメニューの振り返りを行った。

点数形式と思ったことを箇条書きで

日々の反省の中で

「あの説明いらなかったな~」

「ルールが難しかったかなあ~」

その繰り返しの中で、

そぎ落とした良いメニューや良いコーチングが生まれる。

●アシスタントに聞く(他者評価)

「あの説明伝わってた?」

「あのルール難しかった?」

こんなところをアシスタントコーチに

聞いてみよう。

意外に自分が思っていたことと違う角度から

アドバイスをもらえることもある!

●外部から学ぶ(本・ネット)

特に今は動画の時代。

自分の勉強したい動画がありふれている今、

動画を観て学ぶことは絶対に必要なこと。

昔はできなかったことだったからね。

メニューで悩もう・・・

こども達を

今この瞬間。

「コーチングで変える!」なのか

「メニューで変える!」なのかは非常に大事な2つの選択肢だと思う。

今回の記事で特にキッズ年代は

「メニューで変える」ことを推奨したが、

目の前の子を観て使い分けできるコーチが

素晴らしいコーチだとも思える。

ぜひこども達を

「どう変えるのか?」

「何をもちいて変えるのか?」

ここまで考えて指導することをすすめる。

メニューを作成するのに

大いに悩もう。

死ぬほど悩もう。

✅ためになる動画^^👇

※ymasash0925様リンク

-コーチ系, 指導系

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【サッカー】レクリエーションゲーム【クワトロ】コーチ必見!

質モンキー ▼なやみ 低学年のコーチを しています、 いつものゲームに 飽き飽きしています。 こども達が 熱中して、 白熱して、 サッカーの楽しさが 伝わるような ゲーム形式はないでしょうか? 名前: …

【サッカー】判断を変えるドリブルドリル【低学年コーチ向け】

質モンキー サッカーで「判断する」ことは必要不可欠。 だけど、低学年向けの 「判断の要素が入ったドリブルドリル」がない! ドリルトレーニングの中で 「判断の要素が入ったドリル」教えて! 名前:非公表 …

シュート練習でグングンうまくなる1つのこと。

<話のながれ>1 ●シュート練習でグングンうまくなる1つのこと。2 ●結論 ゴールキーパーを付けたシュート練習でグングン上手になる3 ●キーパーを付けるメリット4 ▼シューターが本気で(本番に近い状態 …

コーチ系・指導系「団子サッカー肯定派」の話。

<話のながれ>1 ●団子サッカー肯定派。2 ●低学年代の「とくちょう」3 ●肯定の理由1 こどもの本能だから4 ●肯定の理由2 ボールのうばう意識はこの時から5 ●プロの試合のラスト10分6 ●結論  …

サッカーやる気がない?!【全然OK!】

質モンキーうちの子やる気が全然ない。。。 なんであの子は頑張るのにうちのこは・・・ もっとやる気だしなさい!(怒) ●プローフィールサッカー経験:15年指導経験:17年目初めまして。小学校年代を中心に …