サッカーとコーチとブログ

サッカー経験:15年 指導経験:17年目 小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わった、「コーチとは」 「教えることの難しさと楽しさ」 「小学生年代のこども」 「保護者のかかわり方とは」など 「サッカーのすばらしさ」を独自の視点で想いのまま発信します。

コーチ系 指導系

【サッカー】低学年の説明書【3ステップ】

投稿日:2020年6月7日 更新日:

●一度は経験してるよね・・・

はーい、集合してー!

ギャー!
キャー!

おにごっこしようか!

Aくん:氷おにがいい!
Bくん:氷おには絶対ヤダ!
Cくん:え~おにごっこやりたくない!
Dくん:(砂バーッてかけてる。)

うう・・・(涙)

●すべてコーチのせい

まずこどものせいにしてはダメ。

いつもコーチ(自分自信)に矢印を向けること。

入り方はどうだった?

練習開始前にどういうコミュニケーションをとった?

話し方(口調・抑揚・ジェスチャー)はどうだった?

すべて自分の腕。

こどもはこども。

ダメな子はいない。(いるけど、、、いない)

「あのハチャメチャだったあの子が、、、今はサッカー選手っぽく、

一生懸命頑張っている!(涙)」

母を驚かせよう。

コーチの腕の見せ所。





●こどもに認めてもらえ

ここが一番大切なポイントだよね。

まず、

一番初めて出会うサッカーコーチという認識はお持ちか?

サッカー経験者なら誰しも記憶に残ってると思う。

コーチがなにか残念であってはならない。

  • 元気じゃない
  • カッコわるい
  • サッカーがヘタ!
  • オモシロクナイ!
  • 怒っても怖くない
  • いつも表情がおなじ!

こどももコーチのことめっちゃ観察してる。

これらのことをしかり意識してこどもと接しているか。

ココに何個も当てはまると信頼を得られない。

バカにされる。

話を聞いてもらえない。

練習にならない。

僕はこの練習前のフリートークで差をつける。

●こどもを3ステップに分ける

  • みんなと何かをやることが楽しいと感じている段階
  • サッカーをプレーするのが楽しいと感じている段階
  • 勝ち負けを楽しいと感じている段階

自信作の記事:【小学生】あいさつを教えるの話。【伝授します】



スポーツ用品総合通販

・みんなと何かをやることが楽しいと感じている段階

この段階を次のステップに引き上げるのが大変。

まずサッカーを習っているが、

そもそもお兄ちゃんがやっていたら、

「サッカーとは」をなんとなーく理解してる弟。

問題なのは、お兄ちゃんとか関係なしに入団した子。

練習には来るけど、いつもやらない子。

いつもくるけどサッカーやらないよな~。

でもね、

そんなこも、

練習の楽しみ方がある。

「みんなといっしょに何かワイワイしてるのが好きな子」

そう、

お祭り騒ぎが好きな人といっしょ、

飲み会の雰囲気がすきで参加してる人といっしょ、

きっかけはみんな違うけど、

この理由も、サッカーを始めるきっかけの一つだということ。

そんな子には、

とにかく、

「これなんか楽しそう!!」を感じさせること。

メニューなのか、

ルールなのか、

それはコーチの腕のみせどころ。

低学年は、

みんなとなんかいっしょにやることが喜び(今は!)

特に一人っ子だとこの協調性を学ぶ場所がない。

なんかみんなと協力して、

みんなとハイタッチして、

みんなと失敗して、

みんなと褒められたり怒られたり、

これが楽しい。。。

みんなと何かをやることが楽しいと感じる段階。

だからコーチは、

めっちゃひきつければいい!

めっちゃバカになればいい!

めっちゃほめればいい!

これが第一の段階。

別に入り口はサッカーしたいじゃなくても良い。

そこからサッカー人間に改造してやればいい(野望)

・サッカーをプレーするのが楽しいと感じている段階

ここまでもってきたら後はカンタン。

サッカーが楽しいと感じていることとは・・・

「できるプレーが増える」ということ。

前までは、このキックしかできなかった、

でも今は、

遠くに蹴ったり、

低く蹴ったり、

カーブをかけたり、

おもうようなプレーができたときに喜びを感じる。

だから技術習得のドリルとレーニングが必須。

ドリルトレーニングは反復ができる練習といわれている。

でも、判断がないトレーニングだの、

同じ練習では飽きるだの言われる。

でも、

判断することを省略して、技術に打ち込める唯一のトレーニングということ。

ここに競争性や遊びがあれば間違いなくのめりこむ。

しかし、

しっかり見極めはしてあげて。

「こんなことができてきたね!前はできなかったよね!」

「あんなプレーいつからできるようになったの?!びっくりしたよ!」

自分が上達しているかは、

他者評価でしかできない。

この評価を、

大げさに、大胆に、みんなの前ですることで、

こどもは、もっともっとのめりこむだろう。

これが第二の段階。

僕はクソほどほめる。

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

●勝ち負けを楽しいと感じている段階

高学年になると芽生えてくる段階かも。

でも低学年でもある。

あの強かったチームに勝つ。

このうえない至福。

僕の中での真のサッカーの楽しさとは、

めちゃくちゃ強いチームに、

死にもの狂いで一点もぎとって、

死にもの狂いで、みんなでゴールを死守して勝つゲームが、

真のサッカーの喜びだと教えている。

勝ちたいから⇒練習に打ち込む

勝ちたいから⇒仲間にもの申す

勝ちたいから⇒全力。

なんのためにサッカーをやっている?が明確になり、

自問自答する段階かもしれないが、

ここまでもっていければ、

あとは、

心にそっと火をつけてあげるだけの作業。

これが第三の段階。



●さいごに

こどもはこども。

やるこもやらないこもこども。

矢印を自分(コーチ)に向けること。

今一度自分の指導を見直すこと。

オススメ記事:「厳しいコーチの話。」【マチガイです】

-コーチ系, 指導系

執筆者:


  1. […] 良記事:【サッカー】低学年の説明書【3ステップ】 […]

  2. […] 僕の苦しみが伝わる記事:【サッカー】低学年の説明書【3ステップ】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サッカーの練習長すぎの話。【監督のエゴ】

<話のながれ>1 ●サッカーの練習長すぎないかい?2 ●低学年の練習時間は1時間半。3 ①体力的問題4 ②集中的問題5 ③心理的問題6 ●コーチの質の問題7 ●まとめ ●サッカーの練習長すぎないかい? …

【サッカーコーチ】街クラブに就職した厳しい現状と楽しい現状【全暴露】

突然ですが・・・ こんな境遇で就活や転職を悩んでいませんか? 小学生からサッカーに打ち込んだ 中学時代や高校時代もサッカー選手になるべく努力をした 大学でも本気でプロを目指し奔走した しかし現実は厳し …

【サッカー】ターン練習メニュー【対人編】

▼実践的ターンが連発する 対人系練習メニューを1つ紹介! 僕が言うターンとは「180度ターン」 この180度切り返すターンは キッズ年代(U10)までに、 必ずマスターすべきスキルだ。 名前:非公表 …

インフロントキックから教えろ!【動画付】

ワキ黒ずみ美白シークレットケアジェル <話のながれ>1 ●インフロントキックからボールは飛ばせ!2 ●インステップキックから教わってない?3 「飛ばす」を考えた時に難しいキック。4 「サッカーの醍醐味 …

【お父さんコーチへ捧げる】盛り上がる練習メニュー【コレまちがいない】

質モンキー 明日は低学年の練習を任されたけど、何をしたら・・・ 楽しいメニューないかなあ・・・ 明日は特別な日!楽しいアップをしたいなあ・・・ 名前:非公表 サッカー経験:15年 指導経験:17年目 …