サッカーとコーチとブログ

【現役プロコーチ】小学生向け親のためのブログ!成長系・指導系・教育系ゼッタイあなたに刺さる記事がある!

コーチ系

【サッカー】強いチームの条件は4つ【あなたのチームは当てはまる?】

投稿日:2020年8月19日 更新日:

うちの息子のチームは弱いんです・・・

なんで弱いんだろう。。。

でも隣のあのチームはいつも強い!

なんで強いんだろう。。。

どんなことを教わってるの?

どんな違いがあるの?

実は、

強いチームには強いチームなりの「理由」がある。

サッカー経験:15年

指導経験:17年目

トレセン:5年間

(ブロックU10/U11/U12監督経験あり)

B級ライセンス

キッズリーダーインストラクター

初級障がい者スポーツ指導員

サッカー・フットサル3級審判

初めまして。

小学校年代を中心に

5,000人以上のこども達から教わったことが

僕の財産。

僕。
僕。

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

【サッカー】強いチームの4つの条件「結論」

※前提:小学年代と設定する。

あなたのチーム・お子さんのチームを当てはめてみよう。

ここに当てはまらなかったら要注意!

①強いチームは「全員が同じ方向を向いている」

②強いチームは「自分がプレーし、自分たちでプレー」する。

③強いチームのコーチはいつも穏やかだ。

④強いチームは「ルーティーン化」された練習を毎日する

【サッカー少年】コーチの僕がおすすめする水筒7選【2021年度】

【サッカー】怒鳴るコーチがダメな理由【正直ラクしてます】

①強いチームは「全員が同じ方向を向いている」

そう、試合に勝ちたいから練習をする。という

なんのために、練習するのかが明確になっているため強い。

この、「なんのために」という矢印が同じ方向を向いているチームは強いのだ。

小学生年代で

「サッカーマン」になるためには段階を踏んで成長していく。

  • 第一段階⇒みんなといっしょにいることが楽しい!
  • 第二段階⇒できるプレーが増えてきて楽しい!
  • 第三段階⇒勝負に勝って喜びたい!

強いチームの子はこの「第三段階」に全員がいるということ。

だから練習のクオリティもあがる。

実は、、、

三段階に行けてないのはこどもには問題はない。

これはコーチ自身の問題。

第三段階に持っていくための、

  • コーチング
  • 言葉選び
  • プラン

を考えて指導しているる優秀なコーチなのか?

ようはコーチの持っていき方だ。

もっとこども達が

練習したい!

うまくなりたい!

教わりたい!

勝ちたい!

という気持ちの矢印の方向が向かうよう。

声掛けしよう。

真剣なこどもは何割いる?

半分以上がそうでなければ悪い方向へ流されてしまうのがこども。

こどもは自分で善悪を決定する力がまだ弱い生き物。

だからこそ、

コーチの役割は重要になってくる。

強いチームを作るなら「早く」第三段階に全員を持ってこよう。

無理やりではなく意図的に。

②強いチームは「自分がプレーし、自分たちでプレー」する。

あなたのチームはどうなってる?

ちゃんとこども自信でプレーしてる?

こどもたちでプレーできている?

もしかすると・・・

コーチのコントローラーになってない?

パスだ!

もっと前!

シュートしろ!

ちがうあっちだ!

コーチがコントローラーを握ってしまうのは最悪だ。

こんなコーチの下では、

こどもは自分でプレーを選択できなくなる。

プレーが終わるたびにコーチの方を「チラっ・・・」「チラっ・・・」

心の声は、

(コーチ合ってる?)

(コーチこれが正解?)

コーチが答えを常に与えると

自分でプレーを選択することを辞めてしまうのだ。

こども自身でサッカーをプレーさせなければならない。

ようするに・・・

コーチはあくまでも脇役で主役はこども達。

プレーはこども達に選ばせて、

アドバイスはプレーが終わったあとに伝えてあげる。

こどもたちでプレーできないと

強いチームにはなりません。

【こどものプレー動画を送るだけ?】うちのこドウデスカ?【分析します】

②強いチームのコーチはおだやかだ。

②にもつながる話。

怒鳴りつけて答えを与え続けるコーチの下にいる子は、

コーチの正解を求めながらプレーし

自分自身でプレーを選択できなくなってしまう。

実は、

強いチームのコーチって穏やか。

なんならこどもに決めさせることも多い。

「じゃあどうしたらよかった?」

「みんなはどう思う?」

「じゃあそれでやってみようか!」

あくまでも主役はプレーしている本人。

コーチは後ろから見守る。

そして、

この効果が後で何倍にもなることを知っているからこそ

穏やかに、冷静に、こどもを見極める。

僕は人生全てはバランスと思っている。

サッカーや組織もその通りだ。

こどもがプレーに夢中になると周りがみえなくなる、

そこに上手にブレーキをかけて

軌道修正してあげることがコーチの役目。

こんなチームみたことない?

コーチは常に吠え、こどもはシーン。。。

覚えておこう!

👆コーチが元気すぎるとこどもはシーンとしてしまう。

反対にコーチがシーンだとこどもは元気になる。

あ・・・

オレだけなんか喋ってるな・・・

と思った時は、

あれこれ言わずにこどもにサッカーの時間を返してみよう。

小学生年代のこどもにとって

「コーチが元気!」「こどもが元気!」

どっちの雰囲気がいいかはわかるよね。

④強いチームは「ルーティーン化」された練習を毎日する

これは僕のなかでは確信の一つだ。

強いチームは練習をあまり変えない。

実はめちゃくちゃシンプルだったりする。

ダメな練習は「メニューをコロコロ変える」こと

毎回毎回めまぐるしく練習。

こども達は、

複雑な練習のルールを覚えるのに精いっぱいになり

結局、

ルールを覚えただけで意図した練習まで結びつかなかった。(チーン)

やっとコツをつかんでも次回そのメニューをやらないんかい!

なにがいいたいかというと、

コロコロ練習メニューを変えてしまうと、

練習の積み上げができず

身にならない練習となってしまうのだ。

これが成長を遮断してしまっている。

ようするに、

練習に「ルーティーン化」されたメニューを組み込むことで

練習が積み上がり、更なる質の向上や気づきが増えてくるのだ。

▼ルーティーン化メニューのメリット

  • 慣れ親しんでいるメニューなので時間がかからない。(ルール説明不要)
  • 反復で「コツ」や「ポイント」に気づく。
  • 慣れ親しんでいるから「質・スピード・感覚」が研ぎ澄まされる。(成熟)

※「飽きる」ということもある。ここはコーチの腕のみせどころ、ちょっとしたルール変更(オプション)を持とう。

まとめ

強いチームは・・・

  • 強いチームは「全員が同じ方向を向いている」
  • 強いチームは「自分がプレーし、自分たちでプレー」する。
  • 強いチームのコーチはいつも穏やかだ。
  • 強いチームは「ルーティーン化」された練習を毎日する

強いチームは強くなるべくして強くなる。

たまたま強くなることは絶対にない。

選手、指導者、保護者

全ての条件がそろった時に初めてチームは強くなる。

これが僕の経験の中でも強いチームの条件だ。

-コーチ系

執筆者:


  1. […] 人気記事:【サッカー】強いチームの4つの条件【あなたのチームは当てはまる?】 […]

  2. […] 【サッカー】強いチームの条件は4つ【あなたのチームは当てはまる?】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【サッカー】鳥かごを分解してみた。【まるわかり】

●最低でも小学生高学年でマスターすべきトレーニング。 ●セレクションで鳥かごを能力の判断基準としているチームがある。 ●これがマスターできれば試合で活躍できる。 それが「鳥かご」です。 質モンキー ▼ …

コーチ系・指導系「団子サッカー肯定派」の話。

<話のながれ>1 ●団子サッカー肯定派。2 ●低学年代の「とくちょう」3 ●肯定の理由1 こどもの本能だから4 ●肯定の理由2 ボールのうばう意識はこの時から5 ●プロの試合のラスト10分6 ●結論  …

サッカー練習メニュー迷ったらコレ【お父さんコーチ必見!】

質モンキー 急に低学年の練習を任された! 何をしたらいいの? 練習メニューが思いつかない・・・ 以前練習した時はグダグダになってしまった。。。 こんな話をよくお父さんコーチから相談を受けるが、 困った …

インフロントキックから教えろ!【動画付】

ワキ黒ずみ美白シークレットケアジェル <話のながれ>1 ●インフロントキックからボールは飛ばせ!2 ●インステップキックから教わってない?3 「飛ばす」を考えた時に難しいキック。4 「サッカーの醍醐味 …

【サッカー】低学年の説明書【3ステップ】

<話のながれ>1 ●一度は経験してるよね・・・2 ●すべてコーチのせい3 ●こどもに認めてもらえ4 ●こどもを3ステップに分ける5 ・みんなと何かをやることが楽しいと感じている段階6 ・サッカーをプレ …