サッカーとコーチとブログ

サッカー経験:15年 指導経験:17年目 小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わった、「コーチとは」 「教えることの難しさと楽しさ」 「小学生年代のこども」 「保護者のかかわり方とは」など 「サッカーのすばらしさ」を独自の視点で想いのまま発信します。

教育系

【サッカー】うまい子ってこんな子の話。【コレが大事!】

投稿日:2020年5月27日 更新日:

●うまい子ってこんな子

質モンキー
質モンキー

あの子はほんとうまいよね~。

質モンキー
質モンキー

なんでうちの子はああやってできないんだろう~。。。

質モンキー
質モンキー

サッカーがうまいってなに?!。

チームに軸になってる子。

なんであんなに信頼されて、

いざとなったら頼りになるのか。

これにはちゃんと理由がある。

そして、理由がわかれば必ず、

あなたの子も「サッカーうまい子」って言われる。

●うまい子はコレ

  • 決められてミスした仲間を殴る
  • 思ったことを発言できる
  • 引きずらない
  • 周りに惑わされない(自分を持っている)
  • 理解力がある
  • 「自分だったらこうする」を持っている
  • 好奇心旺盛

一つひとつ解説していく。

「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」リベルタサッカースクール

【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!

●決められてミスした仲間を殴る

殴るって、

ダメなこと。

僕も暴力はいけないと思う。

人の道にそれたときに、

コーチは怒ることが大事だとも前のブログで伝えている。

「厳しいコーチの話。」【マチガイです】

しかし、暴力はいけないことで、

しっかりと注意はするが。

僕はこころの中では(ニヤニヤ)している。☜だめだよね~。

僕が今までの経験の中で、

キレて思わず殴る子がいたが、

これに尽きる。

殴る子は心の底から

本当の心の底から、

「マジで勝ちたい!」ということ。

ゲームで失点し、

自分もミスをしたが、

最後にミスをした仲間に腹が立ち

おもわず手が出る。

暴力はいけないけど、

その子の心意気っていうやつは伝わる

ミスした子に伝わる。

コーチに伝わる。

チーム全体に伝わる。

暴力はいけないが、

うまくなる子って、

いつだって真剣だ。



●思ったことを発言できる

なんでも発言できる子って。

メンタルが強い。

これ合ってるかな?間違ってるかな?

の前に、

自分が言いたいことをとりあえずぶつけてみる。

このマインドは非常に大事で、

今のこども達は、

めっちゃ空気を読む。

僕が言ってもいいのかな?

間違って笑われたら・・・

この考えている間に「うまい子」に

奪い取られてる。

成長のチャンスを。

自分の思ったことを発言できない子って、

今までの人生で何回か、

大人(教育者)に、

反対された経験があると思う。

●引きずらない

基本、

サッカーうまい子って楽観主義者。

プレーをミスしても、

発言が間違ってても、

そんなに気にしない。

だから、

下手な子より、

沢山チャレンジできる。

人間やっぱ、

失敗しないと成長はないし、

恥ずかしい思いをしなかったら、

教訓にとらえない。

(僕も海外研修で海外に行く当日にパスポートの在留期間が一か月足りなく、空港でバイバイした。。。)

鬼恥ずかしかった!鬼悔しかった!

※知ってます?パスポートってあそこに記入されている、

月までならどこの国でもいけるもんではなかった。。

その国によって(国交とか関係あり)

パスポートの残留期間が異なる。

パスポートがギリギリなら一度チェックしてね!

(こんなことはどうでもいい!!)

その時は地獄なような時間だったけど、

今思えば、一ついい勉強になったと思える。

●周りに惑わされない(自分を持ってる)

だれだれがこうだから、

自分もこうした。

「サッカーうまい子」って、

オレはこうしたいからこうした。

基本自分が中心。

自己中なのか?!

自己中だ。

いっしょにコーチをやっている元プロサッカー選手、

自己中だよ。

いや、

しっかり自分を持ってる。

周りに惑わされない、

確固たる考えや、やり方を持っている。

自分を持つことは、

小学校年代のこども達には、

難しいかもしれないが、

(オレはどうしたいんだ?)

くらいは考えられる。

●理解力がある

サッカーうまい!と勉強できる!

は別物という意見があるが、

僕は関連していると思う。

勉強できる子⇒理解しようとする。

サッカーの新しいトレーニングを説明した時に、

すぐに順応できる子、

全然チンプンカンプンの子、

これは、日々の勉強で、

「理解しようとする」が身についていないから、

こうなる。

(コーチの説明がヘタクソもあるけどね)

練習上手になるためには、勉強から。。。

●自分だったらこうする

トレーニングをしたときに、

「サッカーうまい子」は、

順番待ちの時に、

人のプレーをみて、

「自分だったらこうする1」をしっかり持っている。

コレ。

すごく大事なことで、

トレーニングのルール・ねらいを素早く察知して、

自分が有利になるために、

考える。

とにかく

考える。

そしてやってみる。

コーチとしても

ルールのウラをかいてくる子がいると。

もっと上達する。

「サッカーヘタな子って」

何も考えずトレーニングに参加して、

何も気づかずに終わってる?

これも勉強の理解とつながっているような気がする。

●好奇心旺盛

サッカーうまい子って。

好奇心が旺盛。

どんなチャレンジ。

例えば、

いきなりフォワードだったのが、ディフェンダーになる。

いきなりBチームの試合に参加する。

いきなり「試合出たい人!」ってコーチに言われた時に

手を上げる。

サッカーで

「石橋をたたいてわたる」は

あまりよくない、

「石橋をたたきながらわたる」

子が「サッカーうまい子」

似てるようで微妙に違う。

●保護者ができること

サッカーうまい子って

この7つが長けている。

これは5,000人以上のこどもを観ての答え。

では、

どうやってこの7つ築きあげていくか。

めっちゃカンタン。

保護者が

この7つのどれかができたときに・・・

具体的にほめてあげること。

結果をほめるプラス、

その過程をほめることで。

認められ、自分のやったことの振り返りになる。

これが「承認欲求」

Twitterやフェイスブックでも「いいね!」

もらうと自分の行いがほめられて、

気分が良いのといっしょ。

こどももいっしょで、

こどものチャレンジに日々、

目を向けて、

具体的にほめる。

その繰り返しで、

気づいたら「サッカーうまい子」に

変わる。

変わる。

ゼッタイ変わる。

好評の記事:「厳しいコーチの話。」【マチガイです】

真剣な記事:うまい子はココが違うの話。



-教育系

執筆者:


  1. […] 関連記事:【サッカー】うまい子ってこんな子の話。【コレが大事!】 […]

  2. […] うまい子の記事:【サッカー】うまい子ってこんな子の話。【コレが大事!】 […]

  3. […] 教育の記事:【サッカー】うまい子ってこんな子の話。【コレが大事!】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

良いチームを見抜く方法【体験ではここをみよ】

<話のながれ>1 ●良いチームを見抜く方法1.1 ●良いチームを見抜く方法の結論1.2 ▼コーチの見るポイント1.3 ▼「そのチームにいる子」のポイント1.4 ▼その他のポイント1.5 ●最後はこども …

【小学生】あいさつを教えるの話。【伝授します】

<話のながれ>1 ●あいさつのさせ方教える2 ●あいさつは「競争」と刷り込む3 ●あいさつについて考える4 ●なぜあいさつできない?5 ●あいさつの伝授6 ●さいごに ●あいさつのさせ方教える 質モン …

教育系「リフティングって回数じゃない」の話。(じゃあ?)

「うちの子リフティングが全然できないの!」 「リフティングが50回できないと練習に入れてもらえなくて・・・」 「あの子はもう1,000回もできるみたい!」 リフティングができなくてもいい! リフティン …

コーンドリブルの落とし穴【家でできる実践的メニュー紹介】読終1分8秒

サッカー経験:15年 指導経験:17年目 初めまして。 小学校年代を中心に5,000人以上のこども達から教わったことが僕の財産。 僕。 <話のながれ>1 コーンドリブルの落とし穴2 コーンドリブルの落 …

【サッカー】壁うちのススメ。【おススメ商品あり!】

たくさんキックしたいのに、できない。。。 一人でキックの練習したいけど、蹴ってくれるなかまがいない。。。 家で思いっきりけりたい! サッカー経験:15年指導経験:17年目初めまして。小学校年代を中心に …